ユーキャンのFPの問題集の内容は?

*

ユーキャンのFPの問題集の内容は?

添削8回と基礎問題集

ユーキャンは、問題集というか添削が8回付きます。その内訳は科目別6回分と、総合模擬試験2回分です。ファイナンシャルプランナー(FP)では「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」という6つの科目が学科試験で出題されます。テキストも、6科目それぞれに対応するテキストがつくられており、添削もそれに対応して6科目つくられている、というわけです。

模試がついているのが良い

ユーキャンでは模試が2回ついていますが、これは活用するべきです。他の通信講座では模試がついていない講座がありますが、選ぶときはなるべく模試がついている講座を選ぶべきです。模試を使って、試験前の自分の実力を確かめることができます。FPの実際の試験の雰囲気をつかむこともできます。またユーキャンでは、「2級FP技能検定試験問題」とその解答・解説がつきます。実際の試験ではどのような問題が出題されたのかを確かめ、添付の解答解説をしっかりと読み込んで、自分の知識として取り込んでおきましょう。

「基礎固め140問」はテキストを読んだ後に取り組もう

問題集系では、ほかに「基礎固め140問」というのもあります。FPの勉強では、知識をまずインプットしてから、アウトプットに移ります。インプットできているかどうかの確認のために、「基礎固め140問」を活用すると良いでしょう。テキストを読む&DVDを見る→添削→基礎固め140問を繰り返し解く→模試、過去問、実技対策という流れで勉強すると良いですね。