TOPページ

*

TOPページ

ファイナンシャルプランナー(FP)は年金や保険、税金など、私たちの生活に深くかかわるお金に関する業務を取り扱う仕事です。専門家とみなされるのはFP2級所持者から。FP2級の合格率は約30%と、合格率の高い国家資格として知られます。2014年9月のFP2級合格率は30.91%でした。しかも、通学しなくても合格が可能な資格とされます。

FPを取り扱う通信講座はいくつかありますが、中でもひときわ目立つのはユーキャンです。「生涯学習のユーキャン」のキャッチフレーズで、テレビCMでもおなじみですね。FPはもちろん、実務系、趣味系問わずさまざまな講座を運営しています。

3年前、カラオケ店でアルバイトをして生計を立てていた僕(20代男性)は、当時カツカツで生活をしていました。アルバイトなので、いつ仕事がなくなるか分かりません。フリーターという生き方は、若いときはカラオケ店や居酒屋などで仕事を見つけやすいのですが、年をとると途端に採用されなくなる、という話も先輩から聞いたりして心配でした。長く続けられる仕事を見つけたい、という思いから資格の取得を決め、情報収集のためにまっ先にしたことは、ユーキャンのホームページにアクセスすることでした。なぜかというと、テレビCMで、いろいろな資格の講座を開設していることを知っていたから。なので、資格について情報収集するなら、ユーキャンが手っ取り早いと思ったのです。そして目に留まったのが「ファイナンシャルプランナー(FP)講座」です。

ユーキャンのトップページには「人気講座ランキング」が表示されていて、FPは4位の講座としてランクインしていました。ちなみに1位は医療事務、2位は調剤薬局事務、3位は実用ボールペン字の講座。医療事務と調剤薬局事務のほうが順位としては高いみたいですが、なんとなく女性の資格というイメージがあるので除外。それに、取るなら国家資格だと思いました。FPのすぐ下(人気5位の講座)の行政書士と迷いましたが、リサーチした結果、行政書士は合格率が7%しかないという難関の資格だとわかったので、あきらめました。FPなら人気の講座で合格率も高く、内容も行政書士に比べたら簡単そうだったので、FP取得を目指すことに決めたのです。他の通信講座もいちおう見ましたが、FPの勉強はユーキャンの通信講座でやることにしました。

なぜユーキャンを選んだかというと、有名な会社だったし、平成25年度試験で1,780名も合格者を出しているという話で信頼できそうだったからです。サンプルテキストがダウンロードできるので、見てみると分かりやすくつくられていたので、これにも好感を持ちました。FPの通信講座を探しているのなら、ユーキャンのサンプルテキストを一度見てみてください。非常に分かりやすくつくられています。「ファイナンシャルプランナー(FP)講座のトップから「教材・テキスト」のページに移動すると、上のほうに「テキストの中身をみる」というリンクがあるので、そこをクリックすると見れます。

このサイトでは、僕がユーキャンのFP通信講座を使ってみた感想、使用感について話していきたいと思います。バイトしながらの勉強での苦労話なども盛り込んでいこうと思うので、情報収集にぜひ役立ててください。